歯科矯正ならインプラント

インプラントの活用法

インプラントで矯正治療

歯科で行うインプラントとは、失ってしまった歯のかわりに人工歯根を外科手術によって顎の骨に埋め込み、義歯を装着させる治療のことです。そのインプラント技術を活かすことで、歯の嚙み合わせや歯並びを整える矯正治療が存在します。これまで歯並びを綺麗にするためには、専用の装具を歯に装着させ、ワイヤーで歯同士をひっぱり徐々に正しい位置へ動かしていく方法が一般的でした。従来の方法はゆっくり歯を移動させるため、2年から3年という長期間の治療期間が必要でしたが、インプランの技術を利用すれば、約半年という短期間で矯正が可能なります。 インプラント矯正では、骨に人工物を固定する技術を応用することで、専用に開発された人工歯根を顎の骨に埋め込むことで、人工歯根を支点に動かしたい歯をひっぱることができます。そのため、歯科治療でも短い期間で効率よく歯を動かすことができるようになりました。他にも、笑うと歯茎がむき出しになってしまうガミースマイルの状態を改善するためにも有効な方法です。歯科で外科手術を行わなければ治療できなかったガミースマイルも、インプラント矯正で歯列全体を引き上げることで、切開手術をほどこさずに治療可能になります。

↑PAGE TOP